探偵「成功報酬型」のカラクリ、浮気調査の料金を抑えるコツとは?

 

浮気調査にかかる料金体系は、基本的にパック料金になっているタイプ、1日や1種類ごとに料金が発生するタイプ、成功して初めて料金が発生するタイプの3種類に分かれます。

 

大半の探偵会社では、この3種類のタイプがあり、それぞれ一長一短あります。そして、認可を受けているきちんとした探偵会社なら、どれも事前に「見積もり」を得られます。そして、どの会社も「低料金」をうたいます。

 

特に、一番魅力的なプランになる「成功報酬型」についてまとめてご紹介していきます。

 

 

「成功報酬型」とは

成功報酬型とは、文字通り、依頼された調査が成功することで報酬が発生するというものです。浮気調査であれば、争点は「本当に浮気しているのか」「それとも勘違いで、全く見当外れだったのか」、のどちらかです。いわゆる、白か黒かというものです。白か黒かを判別するために、探偵がするべきことは、対象者の行動を全て監視しきって、確実にやっているのか、やっていないのかを確かめるということです。

 

当然、調査の結果浮気をしていなかった、ということもあります。

 

しかし、依頼する側の心理としてはやはり「浮気現場を抑えることが仕事」となりやすいものです。つまり確実に浮気をしていない、ということは、「成功とは認めない」と言うのです。

 

そういったことは全く珍しくありません。家計を助けるために夜中のアルバイトをしていた、本当に仕事が忙しくて残業が続いていて帰れなかったなど、一口に「夜中に家に帰ってこないから浮気している」とは言えないのです。もちろんあくまでも一例ですが、このようなことはよくあります。

 

そこで、「それは浮気の証拠にはならない・浮気をしていないわけがない」と言い、成功と認めず、報酬を支払わないと言われれば、探偵業は完全に成り立ちません。しかし逆に、探偵会社が手を抜いて、浮気をしていないことにして調査を終了するということもあります。

 

互いの信頼の元でやるしかない、というのが現状ですが、確認しておくべきポイントをいくつかご紹介します。

 

 

着手金、基本料金のみが発生するところ

どこの探偵会社でも、100%成功報酬型のところはあまり信頼できません。つまり、何らかの結果が出ない限り、報酬が発生しないというものです。そういうところは不自然なほど低料金や自信を謡っているところですので、注意してください。

 

そこで、基本料金や着手金がきちんと決まっていて、失敗の場合は調査料や成功報酬は発生せず安価に済むとか、契約後は着手金の支払いで残りは終了後の結果次第、というところは比較的良心的なところと言えます。

 

 

「条件」は必ず確認する

条件とはいわゆる成功条件のことです。例えば100%浮気をしていることは自分も把握しているが、離婚で勝てる証拠、慰謝料などが取れる証拠が欲しい、という依頼をしたいとします。

 

そこで探偵が集めるべき、必要な証拠といえば「浮気相手と密会している決定的な、確実な証拠」になります。ですので、「その決定的な、確実な証拠をとらない限り成功とは認めない」と契約時に付け加えることで、探偵はするべき仕事がより鮮明となり、成功報酬の発生の有無がより分かりやすくなります。

 

もちろん、それを依頼する探偵会社が承諾するかは、会社によって異なりますが、成功報酬型であれば何をもって成功とするかをはっきりしておくことはとても重要です。

 

浮気調査の料金を抑えるコツ

浮気調査にかかる料金を抑えるコツとしては、確実に証拠がとれる日に調査してもらうのが一番おすすめです。もちろん、判明している場合に限りますが、これが一番おすすめな方法です。

 

別居中で全く情報がないのであれば、例えば何らかのイベントの日、バレンタイン、クリスマスなどの日だと、一緒に過ごす確率が飛躍的に高まります。他にも好きなアーティストのライブの日など、浮気相手も同じものが好きとは限りませんが一緒に過ごす可能性はあります。

 

単純に、山を張るということですが、上手くいけば最短の時間で済み、非常に安価に済む可能性があります。基本的にどの探偵会社も、時間で区切る方法をとっているため、とても大きな節約法になるはずです。

 

ただし、浮気の証拠は一つよりも二つ、二つよりも三つあったほうが有利に働きやくなり、悪質性がよりはっきりと浮かび上がります。言い換えれば取れる慰謝料の量が増える可能性を持つということですので、時間をかけて調査するのも効果があります。

 



error: Content is protected !!