浮気調査 Q&A『探偵や興信所で依頼者の個人情報は漏えいしないか?』

依頼者の個人情報は漏えいしないか?

探偵事務所に浮気調査を依頼したい!でもわからないことが多くて、依頼に踏み切れない方の質問にお答えします。今回は「依頼者の個人情報は漏えいしないか?について 」です。

Q1. 探偵事務所では守秘義務が守られるのか不安です

自分の情報を守ってもらえるのかを知りたいです

すべての探偵事務所は、「探偵業法」という法律にのっとって業務を行っています。その中で、探偵業法第10条には「秘密の保持」が明記されています。

・正当な理由がなく、業務上で知り得た人の秘密を漏らしてはならない
・探偵業務に従事しなくなった後も同様である

これはどの業種においても同じことです。特に探偵事務所は、個人のプライバシーに関わる情報を取り扱っています。情報の漏えい防止は最優先されることなのです。

裁判所では、法律で定められていることが実際にはどうなのでしょうか?やはり探偵事務所では調査の現場においても依頼者の情報はきちんと守ります。まず、探偵が依頼者の個人情報を含めたその他の情報を第三者に話すことはありません!

例えば、○○という人物に対して浮気調査をしている
などといったことが第三者に漏れ、本人の耳に入るようなことがあったらどうでしょうか?

調査の対象となる男女は、そのことを聞いたとたんに警戒心を強めるでしょう。会う日時を変えたり、連絡手段を厳重に管理します。これによって、探偵はいくら調査しても浮気の証拠をつかみにくくなるのです。

つまり、情報が漏えいすることは、『探偵にとっても依頼者にとってもマイナス』なのです。もちろん、「○○という人から浮気調査を依頼された」などということは絶対に口外しません。

そのため、調査の現場では、依頼者の個人名を使わないといった工夫をします。「○○という氏名の人が依頼したとすれば、別な用語に変換して○○案件」などと言い換えます。どの業界でも同じく、業界用語を使って、単に数字で案件番号や人を表すのです。初めて依頼する方は不安かもしれませんが、探偵事務所はきちんと秘密を保持して業務にあたります。

※探偵を名乗る悪質な業者はこの限りではないため、そうしたところにひっかからないようにしましょう。

Q2.探偵事務所の顧客のデータ管理はどうなっているのか?

セキュリティ顧客のデータはどうやって管理しているかについても、探偵業法に定められています。

・写真その他の資料については、その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置をとらなければならない。

これは、浮気調査で得た写真や動画に関して、きちんと管理するよう定められた条文になります。探偵事務所は事務所内で顧客情報を適正に管理しています。どの企業でも同じですが、業務に必要な文書やデータなどはキャビネットや金庫などに保管しているでしょう。探偵も同じように、データの管理については、厳重管理しています。

浮気調査の案件は数多く舞い込んでくるため、一定期間をおいて消去するところもあります。依頼者の中には、1年後にまた前回調査の情報がほしいといった人もいますが、探偵はこれに応じることはできません。

その保管期間も契約書または重要事項説明書などに書かれているため、各社の対応で違ってくるでしょう。1年という時間を置いて、また情報がほしい場合には、再契約して再調査というかたちになります。

探偵事務所は、依頼者の調査情報をずっともっていることはないといえます。このような管理や措置をとって、保管や廃棄をして顧客情報を守っているのです。

また、個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法にのっとり適性に管理しています。浮気調査ですから、個人の氏名や住所、勤務先なども情報としてあがってきます。それらを適性に取り扱うのは、探偵に限らずすべての企業で同じことといえるでしょう。

Q3.探偵事務所の人が誰かに話してしまわれないか心配です

初めて浮気調査を依頼する方は、情報が漏れてしまうと心配するかもしれません。「探偵側から情報を漏らすことはない」といえますが、ここで注意が必要です。

・悪質業者にひっかからないこと
・依頼者が自ら調査内容を漏えいしないこと

これら2つの点に注意しましょう。違和感を感じるかもしれませんが、2つめの「依頼者が自ら調査内容を漏えい」することは十分ありうる話なのです。

浮気調査をして、浮気の可能性が高くなったり、浮気相手がいたとわかった場合の対応です。探偵事務所は、数多く依頼を受ける中で、依頼者が感情的になって自分で浮気調査のことをバラしてしまうケースを見ています。

「あなたが浮気してるのは知ってる!全部調べたから!」
「浮気してるんでしょ!探偵が調べたからわかってる!会社にも言ってやる!」

浮気への怒りから、調査の途中で自分で第三者に話してしまうのです。パートナーにはもちろん、友人、知人、勤務先などへ口外してしまうのです。このように、情報漏えいについては、『依頼者も十分注意して探偵とのやりとりをしていく』必要があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


error: Content is protected !!